カードローンの仮審査で調査される履歴とは?

過去の返済履歴や申込の履歴を調査されることも

 

もし今からカードローンを作ろうと申し込んだ時に、カードローンの仮審査で過去の履歴も調査されることを頭に入れておきましょう。

 

この履歴とは、例えば以前に別のローンで滞納や延滞などの事故を起こしていないかということです。

 

過去の履歴にそういったトラブルが存在していると審査に通るのが難しくなってしまいます。

 

もしも仮審査の段階では引っかからなくでも、本調査ではしっかり確認されることなのでご自分のローン返済履歴はしっかり把握しておきましょう。

 

また、カードローンを作る際に重要視されるポイントとして、他社からの借入の金額や借入している会社の数などの履歴があります。

 

借入金額の残高を提示するよう求められることもありますからここではしっかりと正直に報告しましょう。

 

この際、借入している金額が年収に見合わないものだったりするとカードローンも作りにくくなりますし、借入限度額が大幅に引き下げられてしまう場合もあります。

 

仮審査がお手軽になったとは言え、慎重に

 

最近はインターネットでも気軽に簡易審査が受けられるので、ついつい目につくままにあちこちのカードローン会社の仮審査を申し込みがちですがこれはおすすめできません。

 

短期間のうちに複数のカードローンの仮審査を申し込んでいるという履歴だけでも大きなマイナスポイントと判断されてしまう可能性があります。

 

仮審査の申込をした時点で、個人情報を金融会社に提供したということにもなるので手当たり次第に仮審査に申し込むようなことはやめましょう。

 

いずれにせよ、カードローン会社によってどれほど履歴を重要視するかは異なりますので、一概に「これくらいの履歴なら大丈夫です」と言えるような基準はありません。