カードローンの仮審査を通過するには!?

審査基準は会社ごとに異なる

 

カードローンを作るとき、まず心配してしまうことはカードローンの仮審査を通過する方法ですよね。

 

カードローンの審査方法・基準ははっきりと提示されておらず、そもそも各カード会社によって審査基準は当然違ってきますので「これなら大丈夫」と確実に言える方法を見つけることはかなり難しいです。※土日も即日融資!アイフルの仮審査

 

カードローンには大まかに言うと、銀行系のカードローンと消費者金融会社系のカードローンの2種類があります。

 

これら2種類のカードローンでは審査基準が異なるようです。

 

それでも共通点はあります。最低でも年齢や勤務先、勤続年数、年収、他社からの借入額が調査される基準に設定されています。

 

仮審査の通過判定でもこれらを元に判断されることが多いようです。

 

仮審査に通過しても安心するにはまだ早い

 

カードローンの仮審査に通過したとしてもそれで安心できるわけではありません。

 

仮審査はあくまでもコンピュータで行われる自動審査ですので、入力された顧客情報を信用情報機関に照会しているだけにすぎません。

 

この時点で他社からの借り入れ時の事故情報が発覚したり、複数の借入件数があることが判明したりすると、仮審査でも落ちることがあります。

 

最近では、携帯電話を割賦契約した際の支払い滞納も厳しく判断材料にされることがあります。気をつけましょう。

 

仮審査に通過するためには、(1)借入件数・金額を減らす、(2)事故情報が消える時期を待つ、(3)申し込む会社を変える、(4)前回の仮審査申し込みが近い場合なら、申込期間をしばらく開ける、などがあげられます。

 

あまりにも短い間隔で仮審査を申し込んでいると、それだけで不利になることがあります。