カードローンに申し込むときの仮審査と本審査の違いは?

カードローンを利用するためには審査に通る必要があります。

 

本審査だけという場合も一部はあるようですが、多くのカードローン会社では「仮審査」と「本審査」の二段階となっています。

 

申し込むとまずは仮審査にかけられ、そこを通った人だけが本審査に進めるわけですが、仮審査とはどのようなものでしょうか。

 

仮審査は収入や借入状況などのいくつかの項目を入力して、簡易的に判断をして明らかに無理そうな人を自動的に落とす仕組みだと思えば間違いありません。

 

カードローン利用希望者はとても多いわけですが、現代では即日審査というのは当たり前になっているために、このような仕組みが必要になっています。

 

二段階目の本審査では、人間の手によってより本格的な審査が行われ、実際に融資をしても問題ないかを判断されます。

 

申し込みをするためには身分証明書や収入証明書を提出しますが、仮審査の情報が本当に正しいのか、あるいは会社に本当に在籍しているのか電話して確認するなども行われます。

 

そこで条件を満たしていなければ、仮審査を通った人であっても残念ながらカードローンを利用することはできません。

 

なんとか有利に審査してもらおうと虚偽の情報を仮審査で入力する人が一部いるようですが、絶対にやめるようにしてください。

 

なぜなら本審査ではそれを裏付けするための書類などが求められますので、嘘をついたとしてもすぐにバレてしまいます。

 

融資というのは信用関係で成り立っているわけですから、そういった人物は危険視され本審査には通らないでしょう。

 

審査の難易度についてですが、銀行系のカードローンよりは、消費者金融系のカードローンの方が通りやすいようです。

 

それでも銀行系のカードローンもずいぶんと審査が通りやすくなりましたので、現在ではそれほど差はないといっても過言ではないかもしれません。