カードローン仮審査、手軽だけどしっかり計画的に

給料日を待たずして、冠婚葬祭などでまとまったお金が必要になる局面というのは誰もが体験したことがあるはずです。

 

そして、一体どうしたらいいのかと悩んでしまう経験もあることでしょう。

 

カードローンは、そんな急な出費でまとまったお金が必要になった場合に強い味方となります。

 

それだけに、普段からカードローンを持っておくとそんなピンチに対応することができて安心です。

 

このカードローンですが、消費者金融会社系と銀行系の大きく2種類があります。

 

最近は消費者金融会社系と同じように、以前に比べて銀行系のカードローンも持ちやすくなりました。

 

便利になりましたが、融資の速さで比べるとまだまだ消費者金融会社の方が利便性が高いようです。

 

また、最近はネットからも簡単にカードローンの仮審査を受けることができるようになりました。

 

わざわざ時間を割いて、忙しい中に窓口まで行って煩雑な審査申し込みをしなくても済みます。便利になりました。

 

さて、どちらの系統のカードローンでも、必ず必要になるのはこの仮審査です。

 

例外もありますが、ほとんどはこの仮審査を取った上で本審査へと移ります。

 

先ほども書いた通り、この仮審査はネットに設けられている申し込みフォームなどから簡単に行うことができます。

 

年収や会社名、勤続年数や居住年数などを入力します。

 

しかし、本審査に入った段階でこの情報に疑義があると、カードローンをつくることができなくなってしまうことがあります。

 

それだけに、間違いや虚偽は厳禁です。

 

また、勤続年数が非常に短かったり、住まいが一定でなかったりとなると不利になるようです。

 

この仮審査ですが、結果は早いと即日に回答が届きます。遅くとも1週間前後といったところでしょう。

 

このタイムラグもきちんと考えた上で、自分がお金を必要とする時期と融資が間に合うかをきちんと把握しておきましょう。