カードローン仮審査に通った後のキャンセルについて

カードローン仮審査後にキャンセルをするなら早めの対処が必要です

 

カードローンの申し込みをし、仮審査通後に「やっぱりキャンセルしたい」と思うこともあると思います。カードローン申し込み後のキャンセルについて、考えてみます。

 

一般に、カードローンの仮審査通過後で、カードが発行されていなし状況ならば、キャンセルできると考えて良いでしょう。

 

カードローンの申し込みをキャンセルするなら、カードローン会社に速やかに電話連絡し「キャンセルしたい」と伝えるようにしましょう。

 

この場合、審査を開始する前だったり、カードローン発行手続きにすすんでいない段階であれば受け付けてもらえると思います。

 

しかし、キャンセルが難しい場合もあります。

 

カードローンの発行手続きが開始されていると、違約金に相当するようなお金をキャンセルのために請求される可能性があります。

 

カードローン会社の手続きの処理スピードはとても速いので、グズグズしているとどんどん処理が進んでしまいます。

 

キャンセルを望むのであれば、早い行動が必要となるのです。

 

カードローンの必要性を事前に良く検討しましょう

 

カードローン、クレジットカードは、いったん発行ということになると、個人情報や履歴が情報機関に記録されます。

 

契約直後の解約、キャンセルが発生すると信用情報としてキズがつくことになり、後の借り入れに悪影響が出ます。ブラックリスト入りということです。

 

申し込みをキャンセルしたいと思ったら迷わず、カードローンが発行される前に取り消しをすべきなのです。

 

最も大切なのはそのような状況が発生しないように、カードローンの仮審査を申し込む段階で、本当に自分にとって必要なものなのかということを熟考すべきなのです。