新生銀行カードローン レイクの金利と無利息サービスの魅力

新生銀行カードローン レイクの金利と無利息サービスの魅力

 

新生銀行カードローン レイクの利息は、実質年率4.5%〜18.0%となっています。特に申し込み時の条件が良かったり、利用状況が芳しければ、金利を見直されたり、優遇金利が適用される事もあります。では、どのようにして金利が決まるのか見てみましょう。

 

金利は、新生銀行カードローン レイクとの契約時の最大借入残高を考慮して適用されます。つまり少額の借り入れであろうと、限度額が高く設定された事が一度でもあれば、それが適用されるという事です。これはちょっとお得ですね。

 

そして具体的な適用金利は以下の通りです。

 

利用限度額が10万円未満の場合は15.0〜18.0%、10万円から20万円の場合は12.0%〜15.0%。
200万円から300万円の場合は9.0〜15.0%、300万円から400万円の場合は7.0%、400万円から500万円の場合は4.5%となります。

 

そして、これらの金利から1日分の利息を計算する式は、
利用金額×金利÷365日×利用日数
となります。

 

例えば、これを使って10万円を30日間借り入れした場合を計算してみましょう。金利は18.0%と仮定します。
これらを計算式にあてはめると、

 

10万円(利用金額)×18.0%(金利)÷365日×30日間=1479円

 

となります。

 

これが利息となるわけです。

 

ですが、新生銀行カードローン レイクには初回利用者限定で、30日間の無利息サービスがあります。

 

つまり1ヶ月以内の返済が確定しているのならば、金利や利息に気をつかわずに借り入れできるわけです。

 

ところで、新生銀行カードローン レイクの金利は高いという意見も聞かれますが、意外と他のキャッシング会社と比べるとたいして差がなかったりします。

 

それどころか一般的な金利の高さといっても良いくらいです。

 

新生銀行カードローン レイクは、条件が整っているだけでなく、30日間無利息になるサービスもあるので、キャッシング初心者にも使いやすいキャッシング会社だと言えるのではないでしょうか。