自分で選べる、手軽な5つの新生銀行カードローン レイク返済方法

消費者金融の昔の返済方法は、事務所までお金を持っていくのがほとんどでした。

 

現在はもっと手軽な返済方法がありますが、中には今までのイメージが残っていて不安になったり、他の方法もあるらしいが分からないと、申し込みを戸惑う人もいます。

 

新生銀行カードローン レイクの返済方法は5つあるので、ここでご紹介します。

 

借りたくても返済方法が分からないと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

WEB返済

WEB返済は携帯電話やスマートフォン、パソコンからインターネットバンキングを通して返済できます。いつも身につけている物を使って返済するので、5つの方法の中で一番手軽な方法と言えるでしょう。また、振り込み手数料が無料なのもポイントです。三井住友銀行やりそな銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行などレイクと提携している銀行の口座があれば、24時間いつでも返済可能です。わざわざ銀行のインターネットバンキングを申し込む必要はなく、新生銀行カードローン レイクのサイトの会員ページから該当銀行の口座を指定すれば支払いできるのも、便利です。また営業時間外でも取引がリアルタイムで表示されるので、トラブルを起こすことなく安心して利用できる、お勧めの返済方法です。

 

レイクATM

もう一つお勧めの返済方法がレイクATMです。平日と土曜日は深夜24時まで開いていて、さらに夜間や休日といった営業時間外でも手数料が無料なのがポイントです。レイクATMの最大のポイントは、カードを忘れても返済可能な事です。そのような場合は、登録住所または携帯電話番号、生年月日を入力してカードの暗証番号を入力すれば、普段どおり使えます。毎月分の返済はもちろんですが、一括返済も受け付けるのがもう一つのポイントです。

 

自動引き落とし

携帯を紛失したとか、仕事が忙しくてすっかり忘れていたなどの不可抗力な理由で、支払いを忘れてしまうのは嫌ですね。そのような事を防ぐには、自動引き落としが便利です。この方法だと、指定された金融機関の口座から毎月自動で引き落とされるので、自分で支払いを手続きする必要なく、またうっかり忘れもなく便利です。手数料は他の返済方法同様に無料です。

 

提携ATM

新生銀行カードローン レイクのATMではなくて、提携ATMからも返済できます。これらのATMは主に全国展開しているコンビニエンスストアに設置されているので、新生銀行カードローン レイクのATMが営業時間が限られているのとは対照に、365日24時間利用可能という点が大きなポイントで、コンビニに寄ったついでに返済できる手軽さもあります。

 

銀行振り込み

公共料金や税金の支払いと同じように、銀行でも返済できます。自分の金融機関口座から、新生銀行カードローン レイクの指定口座番号に振り込みます。他の4つの方法と違って、支払いの際には手数料を別途支払わなくてはなりません。それを利用者の負担と考えると、出来れば銀行振り込み以外の4つの方法を利用した方が良いでしょう。